体外受精の採卵時の麻酔は痛い?全身と局所どっちが痛くない?

体外受精の採卵時の麻酔は痛い?全身と局所どっちが痛くない?

 

現在、体外受精を挑戦している33歳女です。採卵時は麻酔を使うようで、全身麻酔と局所麻酔のどちらかが選択できるみたいです。

 

私は痛いのが苦手で麻酔なしではダメですが、麻酔を打つときの痛みも恐ろしいです。

 

そこで質問ですが、全身麻酔と局所麻酔ならどちらが痛くないですか?また、麻酔の副作用が母体に悪影響を及ぼすことはないですか?

 

体外受精の成功率が落ちない、ベストな選択がしたいです。

 

病院によっては、採卵時に麻酔なし、もしくは全身麻酔や局所麻酔が選択できますよね。

 

麻酔を打つときの痛みは、麻酔なしで採卵するときの痛みと比べれば痛くありません。ただ、痛みには個人差があり、麻酔が効きにくい人もいるため、一概には言えません。

 

次に、麻酔の副作用が母体に悪影響かどうかですが、心配する必要はありません。

 

例えば、「帝王切開」でも麻酔はします。もし、副作用の心配があるなら、麻酔無しでもできる採卵を、麻酔を使って行わないはずです。

 

それでも、心配されるようでしたら、婦人科の先生に相談することで、安心できるはずです。

 

次に、全身麻酔と局所麻酔の痛みですが、全身麻酔の方が痛くありません。

 

全身麻酔は眠った状態になるため、知らない間に採卵が終わります。怖がりの方は、全身麻酔の方が向いています。

 

私も、局所麻酔で背中に注射を打つことが怖く、全身麻酔でしてもらいました。

 

ただし、局所麻酔はしばらく安静にすれば日帰りで帰宅できますが、全身麻酔は一日は入院になることが多いです。私は、前日に入院して採卵をしました。

 

もちろん、局部麻酔でも入院といわれる事もあるでしょうし、病院によって方針が変わってきます。

 

麻酔によって、体外受精の確率が落ちるといったことは関係ありません。それよりも、妊娠しやすく、胎児が育つ「母体作り」に努めることの方が大切です。

 

⇒ 体外受精の成功率を上げる体になるには?

 

採卵後は体外受精のために健康管理を徹底し、ストレスなくゆったり取り組んでくださいね。