体外受精の冷凍保存と凍結胚の費用相場

体外受精の冷凍保存の費用相場は?凍結胚1個あたりの料金

 

体外受精で受精卵を冷凍保存することがあります。この場合、凍結胚1個あたりの費用は大体どれぐらいかかるのですか?

 

また、保存期間が長い場合、追加料金が発生することもありますか?

 

晩婚化が進み、女性が妊娠を検討する年齢が上がるにつれて、不妊治療をする夫婦が増加しているので、このような質問をされる方が多くなっていますね。

 

ご存知の通り、体外受精は「健康保険の適用外」のため、費用負担が重いことは覚悟されてください。

 

料金については、クリニックごとに設定されているため、ばらつきがありますが「大まかな費用相場」を紹介します。

 

体外受精で、卵子を採取する際の料金が10万円〜15万円程度、授精のための操作などに5万円〜7万円程度かかるのが相場だと思ってください。

 

また、あるクリニックの全凍結の体外受精の場合には、採卵数が10個で全凍結の場合、卵巣刺激料が15万円程度、ポンプでの採卵に17万円程度、授精操作に9万円、 前核期・胚盤胞凍結で8万円程度とされています。

 

凍結胚の費用については、胚3個までで5万5千円程度が相場で、3個凍結できたとすれば、1個当たりの料金設定については、2万円弱ということになります。

 

また、冷凍保存にも料金がかかり、1年で3万円程度の料金がかかるようです。

 

クリニックによっては成功報酬制を採用しているものもあり、料金体系が大きく異なる場合もあります。しかし、どこで治療しても高額なのは変わりません。

 

どこまで治療に取り組めるか、夫婦でじっくり話し合うことも必要だと思います。

 

⇒ 今回の体外受精で絶対成功したい!出産率が26%もアップする方法とは?