二段階移植の妊娠成功率

二段階移植の妊娠成功率

⇒ 体外受精の成功率を上げる方法はこちら

 

二段階移植の方法

二段階移植は「分割期胚(受精卵が分割を始めた胚)」を移植後、すぐに「胚盤胞(着床する直前まで培養した胚)」を移植する方法です。

不妊治療として効果的
二段階移植は同周期に2回の着床チャンスがあるため、妊娠しにくい不妊症の方には効果的な体外受精に間違いありません。

二段階移植の妊娠率は高い?

二段階移植の妊娠率は、某クリニックのデータによると、胚盤胞移植だけでは「妊娠率68%」だったところが、二段階移植によって「妊娠率92%」まで向上した結果があります。
1回目に行う「分割期胚移植」によって、子宮が妊娠準備に入るため、そのタイミングで「胚盤胞移植」することで、妊娠の成功率が引きあがるという理論です。

双子の確率は?

1度目の移植で使われる分割期胚と、2回目の胚盤胞が両方着床してしまうことで、二卵性の双子が産まれる可能性があります。双子の確率は、1つの胚を移植する場合よりも高いと言われています。

多胎児のリスクとは?

多胎児のリスクは、子宮に負担がかかり「早産」になりやすい点です。二段階移植を行う方の多くは不妊症のため、多胎児によって流産の確率が上がる危険性があります。

シート法で双子を回避できる

シート法とは、1回目の「分割期胚移植」をやめて、受精卵を培養した液体のみを子宮に注入し、子宮に妊娠準備をさせる方法です。
つまり、胚盤胞の移植のみ行うため、双子を回避することが可能です。

シート法の妊娠率は?

シート法の妊娠率は、二段階移植よりも落ちる傾向にあります。二段階移植が、92%の着床率とすると、シート法は75.9%に低下したデータもあります。

二段階移植のスケジュール

血液検査

血液検査によって「子宮内膜の状態」を確認し、分割期胚移植を行うスケジュールを決めます。分割期胚の移植前に「HCG注射」によって、着床しやすい子宮状態を促します。

分割期胚の移植

分割期胚の移植を行います。移植後も「HCG注射」を継続的に打ち、黄体ホルモン補充をします。

胚盤胞の移植

胚盤胞移植は、分割期胚の移植から3日後あたりに行います。

妊娠判定

胚盤胞移植後から1週間から10日あたりに「妊娠判定」がされます。

二段階移植の成功率を上げる秘訣

二段階移植の成功率を上げるためには「卵巣機能」と「子宮内膜」を強化することです。

陰性が続く場合は?

二段階移植を繰り返しても陰性が続く場合は中止し、卵巣や子宮の健康状態を高める努力をしましょう。
実は、卵巣や子宮内膜を若くする「栄養素」が存在します。