体外受精で化学流産を繰り返す理由

体外受精で化学流産を繰り返す|着床率を上げるには?

 

体外受精を行っている37歳女です。ようやく妊娠しても化学流産を繰り返すため、落ち込んでいます。これで2回目です。

 

体外受精は高額なので、このまま続けるべきか悩んでいます。化学流産の原因は着床しないことだと聞いています。着床率を上げる方法ってないのでしょうか?

 

化学流産は「流産」と呼ばれてはいますが、妊娠反応が出たものの、胆のうまでは確認できていない状態で、妊娠成立前の出来事を言います。

 

不妊症で悩まれているからこそ、この早い段階で敏感に気づいてしまうので「せっかくの命を…」と落ち込まれる気持ちも痛いほどわかります。ですが、これは妊娠への第一歩に近づいたと思って、次回の体外受精もなんとか続けて欲しいと、みかこママは思います。

 

体外受精は高額なので、1回で決めてしまいたいところですが、1度ですんなりと着床までいったという不妊症の女性は少ないようです。

 

みかこママは、体外受精2回目で出産に成功しましたが、運が良かったと思います。お子さんを欲しい気持ちが強いのであれば、金銭的な問題もあるでしょうが、病院の先生が諦めないかぎり可能性はあります。

 

化学流産で着床しなかった原因は、子宮や卵子にあります。卵子や子宮を元気にする「着床率アップの対策」を自宅でもやってみてください。これは、私もかなり頑張りました。

 

まずは、卵子や子宮の質を上げる栄養を補給することです。もちろん、バランスの良い食生活が大切ですが、卵子の質を良くする葉酸を取り入れてみてはいかがですか?

 

⇒ 葉酸によって体外受精の成功率が上がる理由

 

妊娠中も葉酸サプリメントを飲めば、胎児や母体に異常を認めるリスクが少なくなります。つまり、流産リスクを下げることができます。あとは、体を絶対に冷やさないこと。無理のない程度に体を動かすことです。

 

化学流産を繰り返しても、出産の可能性はまだまだあると思いますので、自分で出来ることはやるだけやってみましょう^^。