体外受精の費用相場|保険適用と医療費控除は?

体外受精の費用相場|保険適用と医療費控除は?

⇒ 体外受精の成功率を上げる方法

体外受精の平均費用は?

体外受精の費用は「卵巣刺激と胚移植」の方法によって料金差がありますが、平均費用は約50万円と言ったところです。
体外受精は、妊娠判断までに多くの項目があります。各項目の平均価格は以下です。

卵巣刺激の費用
マイルド法

マイルド法は最も費用が安い排卵刺激治療です。約2万円が相場です。

アゴニスト法(ショート法)

アゴニスト法は、一般的に「ショート法」と呼ばれる排卵刺激治療で、約5万円が費用相場です。
似た治療に「ロング法」がありますが、投与時期が違うだけで使われる薬剤や注射はほぼ同じです。

アンタゴニスト法(HMGセトロ法)

アンタゴニスト法は「HMGセトロ法」とも呼ばれ、約10万円の費用が相場です。
アンタゴニスト法で使われる薬剤「GnRHアンタゴニスト(セトロタイド)」は、アゴニスト法で使われる薬剤「GnRHアゴニスト」よりも排卵誘発の即効性があります。卵子の質も高めます。

採卵の費用
採卵

採卵の数によって費用が変わり、病院によっても料金体系は様々です。採卵や培養などで約15万円が費用相場です。

胚凍結

体外受精に有効な卵子が複数取れた場合は「凍結」によって保存します。胚凍結の費用は、保存料を含めて4万円ほどが相場です。

胚移植の費用
通常の体外受精

新鮮胚の胚移植だけの場合は、5〜10万円弱の費用が相場です。

顕微受精

顕微受精は、通常の胚移植に加えて「顕微授精技術料」や、健康な精子を見つけてピックアップする「IMSI法」や、質の高い卵子を選ぶ「polscope法」があります。そのため費用は高額で、20万円以上が相場になります。

 

上記以降も、受精卵の凍結や妊娠判定の検査など費用がかかります。不妊症の状態によって処置が増えるため、100万円近くの費用負担になることもあります。

 

⇒ 高額な体外受精を繰り返したくない方へ…

 

体外受精の保険適用

体外受精は自由診療のため保険適用外です。
しかし、体外受精の過程には、子宮筋腫や更年期障害など「不妊治療に該当する治療」が含まれることがあります。
この場合、病院やクリニックの自己判断で保険適用してくれることがあります。担当の医師に相談して、保険適用をうまく使いましょう。

体外受精の医療費控除はいくら?

体外受精は医療費控除の対象外です。
しかし、不妊治療に当てはまるものは医療費控除が使えます。この場合、不妊治療はもちろん、検査や薬品、病院までの交通費も対象になります。
不妊治療には、保険適用外のものがありますが、医療費控除は適用されます。

医療費控除の計算方法

医療費控除がいくらになるかは、体外受精の内容によって異なりますが、計算方法は以下です。
「支払った金額」−「保険などで補填した金額」−10万円=医療費控除額